【悪用厳禁】人の弱点を作り出す会話テクニック

 勝てる恋愛テク

みなさまは、占いやスピリチュアルを信じますか?

もちろん、信じるか信じないかはあなた次第、なのですが…
もし、占いで知るはずのない素性をズバズバと言い当てられたとしたら、
「この人はすごい!信じてみてもいいかな」
そう思うのではないでしょうか。

先に占いやカウンセリングの類いのからくりを申し上げますと、人の不満や弱みにつけ込むということです。
そして、
その最もらしい解決策を提示し、解決したかに見せ掛けて、得た情報からさらなる不満や弱みを見つける、
これを繰り返しているケースがあります。

こんなことを言うと、「不満や弱みがない人はどうすればいいんだ」と反論されそうですが…
そこが話術で食べている人の腕(技術・スキル)なわけですからね。
中でも”コールドリーディング”という方法が使われることが多いようです。

コールドリーディングを簡単に説明します。
過去の膨大な会話パターンや統計的データに元に、人の不満や弱みの核心に迫る技術です。
例えば、効果的なコールドリーディングを1つ紹介致しますと、上げて落とす、という方法です。

まず占い師が、漠然とですね。
「あなたは異性に好かれる素質がある」
「人を惹き付ける魅力がある」
こんな言葉を言ったとしましょう。

相談者の想定される返答は①②のどちらか。

①「私も自分はそうだと思っていたんです!」
②「いえいえ、私はいつもフラれてばかりで、何故なんだろうか…」

①の返答の場合は、まだ上がったままで落としきれていませんので、追い討ちをかけます。
②の返答は、自分の不満や弱みを口にしているので、後はこの“傷口”を拡げていくだけです。

「多くの人に好かれますが、あなたを敬遠する人もいるのではないですか?」
「どんな人の輪に入ることもでき、人から悩み相談をされますが、実は神経質で人見知りな1面もあるのでは?」

「YES 」→悩みを掘り下げる
「NO」→さらに追い討ちをかけ…

「ですが、あなたは、あなたを慕ってくれている人のためにも、もっと人の役に立ちたい」
「または人から注目されたいとお思いではないですか?」と向上心を煽り、

「YES」→「そうなんです。現状には満足していなくて…」となれば?

結果的に悩みや不満を相談することとなり、“落ちた状態”と言えるのではないでしょうか。
恋愛でも、異性を口説くことをしばしば“落ちる”と言いますよね。

容姿端麗な方であれば、外見的魅力で異性の気持ちを高ぶらせてメロメロの状態にする。
すなわち“落ちた”状態にできると思います。
また、色仕掛け、気のある素振りを見せるのが上手な人も、
相手をドキドキさせたり不安な気持ちにさせたりして弱らせるのが得意ですよね。

人を“落とす”とは、さまざまな会話や状況を利用することで、まず上げて次に落とす、という行為です。
以上のことを踏まえて、
恋人や気になる異性との面会に臨めば、相手を戦略的に意味で弱らせることができることから、
あなたに優位な関係を築くことができるのではないでしょうか。
信じるか信じないかはあなた次第ですが…

この記事をシェアする