「母の日」に恋人とできること

 勝てる恋愛テク

5月10日は「母の日」でした。
母親思いの方は「何かしてあげないと」と考えますよね。

定番のカーネーションや花。
ブリザードフラワー、小物、雑貨、手作り料理など。
母の喜ぶ顔を目にすれば、自分も温かい気持ちになれると思います。

ところで、自分の母親のことは好みや嗜好を理解しています。
恋人の母についてはどうでしょう?

・仕事をしているのか、専業主婦なのか?
・趣味や好きなものは?
・子供(恋人)のことをどう思っているの?
・恋人と母親の関係は良好?
・同居か別居か?
・年齢は?
・病気やケガは?
・趣味は?
・休日の過ごし方は?

それら知らないのであれば…
恋人と深い話ができていないと言えるのかも知れません。

恋人に限らずですね。
プライベートな会話で盛り上がる話題の1つは人についてです。
友達や同僚、そして両親、兄弟。
良い意味でも悪い意味でも心に残るエピソードや思いを語れる関係。
これが「人」が心を開いている1つの指標になると思います。

また、恋人の両親への思いを知ることで見えること。

・家庭ではどのように過ごしているのか
・愛情深い人物か
・どの程度、影響を受けているのか

これらも見えてくると思いますよ。
普段、恋人と互いの家族について語り合う機会がない場合。
「母の日」
この日をきっかけに会話してみましょう。

恋人の母親と面識があれば、何か贈り物をしてもよいと思います。
両親に気に入られる。
そして交際を応援してくれるようになったとすれば。
これ以上の強力な助っ人はないでしょう。

男性(彼氏)の場合。
彼女の親と聞けば、印象や年齢・職業・学歴など。
社会的なステータスで判断されがちと考えるケースがあります。
少し違うと思いますよ。
間違いではないですが、それ以上に重視されるのが人柄です。
自分の大切な娘がどんな男性と恋愛しているのか?
この人柄を売り込むのに効果的なのが、義理・人情・プレゼントと言えるでしょう。

この記事をシェアする