美人で、性格が良くて、料理上手な女性

 勝てる恋愛テク

お笑いコンビ、どぶろっく(浅井企画)の「○○な女」。
こちらの歌ネタをご存知でしょうか。

女女女女 女女女 女女女女…
美人で性格も良くて料理もできる女は~
存在しない 存在しない
絶対いない いる訳がない

男性の理想とかけ離れた女性の現実を主に歌詞にしてまして、妙に頷ける内容が笑いを誘います。
性別問わず、異性に求める大きな条件とは?

① ルックス
② 性格
③ 仕事や家事スキル

などがあるかと思います。
しかし、全てがパーフェクトって相手は出会いませんよね。

・ルックスがタイプで付き合ってみると、自信過剰で浮気性だった
・性格は優しくて温厚だが、頼りがいを感じない
・仕事のスキルは高いが、他のことには気が利かず無頓着

なんてことが往々にしてあるでしょう。
そんなことを思いながら、異性と長く付き合っていると…
どちらかと言えば、自分が相手の長所と思っているより、短所に目が目立ちます。
その不満が募ってストレスが蓄積するケースは多いですよ。

人は、足りているものよりも、足りないものを補おうとする欲求が備わってますからね。
恋人が居るのに、他の異性を「いいな」と思ってしまう。
その異性と比べて恋人を蔑んでしまう。
これは、恋人に対して粗探しをする「完璧主義」の傾向が影響しているのでしょう。

離婚や破局を繰り返してしまう人が口にすること。
「普通の結婚」
「普通の恋人」
こちらですが、そもそも人間は個性的な生き物ですからね。
全てにおいて平均点を獲れる、「普通の人」って存在しないと思いますよ。

学校の5教科(英語、国語、数学、理科、社会)のテストの場合。
1教科のテストが100点満点です。
全教科満点でも合計点500点、1教科で満点だったとしても…
他の4教科の得点が低ければ、合計点(総合点や平均点)必然的に低くなります。

ここで、理想の異性に対し「普通」を諦め、ある特定の性質(能力)を重視する。
その他を諦めるという選択をした場合。
1教科(スキル)の得点は200点にも300点にもでき、上限100点の枠を越えて加算できます。
4教科(スキル)の得点が低くても、1つの得意教科(長所)で合計点を増やせますよね。

恋人に限らず人に価値を見出だし、その人の自分なりの価値を高めていくポイント。
これは、人に求める条件で重視する項目、諦める項目を決めることです。
勿論、最低限の常識は、相手に短所を認め改善してもらう必要があるのですが…
相手に対し「あれもこれも」では、求める恋愛や人間関係は手に入らないということです。

この記事をシェアする