別れ話が原因で放火・24歳女を逮捕の事件

 地域別

別れ話から放火して逮捕された女性別れ話が原因で自宅に火をつけた24歳の女性が逮捕。
(東京都荒川区)
そんな事件がニュースになっていました。
怖いですよね。
隣人がこんな人だと安心して眠ることもできません。
本当に迷惑な人だと思います。
可愛そう、同情する…は友人なら仕方ないと思いますが、放火などの場合。
無関係な人まで被害に遭う可能性が大きいので、理由はどうであれ行動した犯罪行為に対して同情はダメです。

これらの事件がネット・テレビで流れた場合。
相談者
依頼者
関係しなないかなぁと不安に感じるのも事実です。
加害者かも?、被害者かも?と恋愛トラブルでは自分がコントロールできなくなる人も多いですからね。

「復縁」
こちらのお問合せを頂く際は、とくに警戒して相談をお聞きしないといけません。
会話内容が本当なのか?
誇大表現は?
自己保全や自己解釈により間違ったことを伝えようとしてないのか…など。
メンタルが弱っていると正しい判断ができませんので、どうしても攻撃的になったり、自己を被害者として結論付ける。
そんな傾向があると思いますよ。

● 放火に関係する罪
・放火罪
・失火罪
・現住建造物等放火罪(死刑・無期懲役・5年以上の懲役)
・非現住建造物放火罪
・建物等以外放火罪

このように非常に重罪となる犯罪行為です。
これは被害を被る方が多数に及ぶ可能性、1件の被害としても命に関わる被害が予測できる為です。
「燃やす」と言う行動には「殺意」が一時的にも発生しているかも?知れませんよね。
その為、「すいません」で済む話ではないのです。
嫉妬・イライラで怒ってしまうのは誰でも経験しています。
しかし、その怒りを暴力・破壊などの行動に出してしまうと当然に復縁はできない関係となるでしょう。
先ずは自分をコントロールする。これが出来ないと、恋人の気持ちをコントロールする事はできないです。
冷静になって現状を整理すること。
そうすれば自分の反省点は必ず見えてくるのです。
結果だけを責めてたり、現状を受入れられない心の狭さが嫌われる要因であることは多いですよ。