他社で失敗した「別れさせたい」の作業にも対応可能です。

 別れさせ・復縁事例ご相談方法業界裏話

別れさせ屋の依頼、後悔先に立たずにならないよう
「後悔 先に立たず」
失敗した経験をくよくよと後悔しても何もならないですよ。との意味です。

別れさせ屋にあるのは依頼して失敗、失敗ならまだ理解できるのですが…怪しい?
納得しずらい終わり方をされた方も居られます。
当然、依頼を請けた業者は「成功させよう」と思って作業してくれたと思います。
ですが対象者の行動・プランニング・人選・タイミングから予想外の結果になる事もナイとは言えません。
それは当社にも言えることです。
ただ業者としては最善の行動を行うのは基本ですが、出来る限りは100%へと近付ける努力が必要となります。
「頑張った」
「努力した」
これは失敗すれば無意味なので、依頼者が望むものはプロセス(途中経過)ではなくリザルト(結果)です。
(警戒されない為には途中作業は重要!)
なので、他社にて失敗された方が2社目を探されるケースは多いと思います。

● 他社失敗の依頼に関して
他社が関与していない事案と比べて注意する点は幾つかございます。

① 隠れたトラブルがないか?
② 対象者らの警戒心
③ 依頼情報がリークしていないか?
④ 予算と状況が見合うのか?
⑤ 他社が失敗した原因分析

①は作業した業者が隠している、又は現場スタッフが会社に報告していないトラブルがないのか?
これば大きな警戒要素です。
作業担当者が辞めた・飛んだ・裏切ったなど。
これらが原因として失敗しているケースは依頼者には見えませんので、瑕疵として検討しています。

後は、⑤の部分です。
業者からの報告が全て正しいのか?とは言えませんが、ある程度の予測は検討できます。
なので接触方法や場所・時間帯などはお聞きする必要がございます。

● 依頼した業者を問い詰めない方がいい
ありがちなトラブルですが、依頼者が業者を問い詰める事で「とりあえず」で強引に作業したケースが見受けられます。
これは②の警戒心を生みますし、悪徳業者であれば仕返しとして…③に発展しかねません。
その為、2回の依頼を検討されるのでしたら業者ょを問い詰めない。
「作業してないかもなぁ」
「報告が嘘だろうなぁ」
こう感じてたとしても、2回目の依頼をお請けするには前業者とのトラブルは避けて頂きたいのです。

● 依頼予算が出せないので分割払いを希望
自己資金を1回目の依頼で使ってしまったので2回目の依頼で捻出ができない…。
そんな方は「当社への分割払い」を検討くださいませ。
(参照:別れさせ屋をローンで依頼する注意点

● ご相談・お見積もりはこちら
メール相談
LINE

【補足】
一般的な考えとして「別れさせ屋」を利用せずに恋愛トラブルを解決するのが理想です。
その為には、先ずは冷静に今の恋愛を振返って整理する事から始められては如何でしょうか?
焦ると失敗
失敗を取り戻そうとして、また焦って失敗
その繰り返しにより不倫・別れ・復縁と失敗スパイラルをしてる方。
全国に沢山居られるのです。
恋愛コンサルタントの基礎ですが、「相手を変えるには自分を先に変えること」があります。
ご自信を変化させずに恋愛を良い方向へと変化させるのは理想論であり、現実的ではございません。
実践的・具体的・建設的に恋愛成就させるには、自己改革って大きな効果を作るので推薦しています。