見た目、思いやり、感謝のキーワードで印象アップへ

 勝てる恋愛テク

彼氏ができる、けど…「すぐに別れを切り出されてしまう」
彼氏がほしい、けど…「できない」

こんな悩みを抱えている女性は多く居られます。
前者は、街ですれ違えば思わず振り向いてしまう美しいルックスの方。
“一目惚れ”させることはできても、恋人としての関係構築に難があるケースですね。
後者は、そもそも男性の「恋愛対象」に入ってません。

前者、後者の「彼氏ができない理由」を見て、恋人の条件をおさらいしたいと思います。
恋人になるために必要最低限な条件とは?
第1印象で「恋愛対象内」に入るということでしょう。
“一目惚れ”とまではいかなくても、恋人候補の部類に入らなければ、話になりませんよね。
そのための条件とは、ルックスを含めたトーク、その他のスキルなど。
「また会いたい」という男性を惹き付けるものが求められます。

すっぴんがとびきり美人であれば、化粧やファッション、体型維持に気を付ける必要がありません。
ですが、多くはモデルやアイドルのようなルックスを持ち合わせておらず、自分磨きの努力が必要です。

● 男性と面会する場合
・適切な化粧をしてない
・ファッションに無頓着
・髪の毛がボサボサ
・だらしない体型を隠そうともしない
・シワシワのシャツ
・口臭がキツイ

は、もちろん論外でしょう。
「そんなデリカシーのない女性はいるはずがない」とお思いかも知れません。
ですが、現実問題として若い時期にモテ期を経験した女性。
男性にチヤホヤされたことのある女性にこういったケースが多いのです。
素の自分で大丈夫という誤った先入観からなかなか抜けられない方がいらっしゃいます。
もう1度「それは自分ではないか」を見直してみてはいかがでしょうか。

次にデートや交際に至ってもすぐに相手が離れていくケース。
第1印象で恋愛対象や恋人候補には入るのですが…
仲良くなればなるだけ、相性や性格など内面の部分で却下されるパターンです。

人間の根本的な部分で「思いやり」や「感謝」の気持ちを持って相手と接してますか?
そこそこモテる女性の方で勘違いしているのはですね。
「男性は女性に尽くして当然」
「してもらうことが当たり前」
こんな感じで「優しさ」を当然と思っている方がいらっしゃるということです。

確かに男女の恋愛においては、女性の“売り手市場”となるケースが多いですが…
例えば「思いやり」

・相手が楽しんでいるのか、悩んでいないか、などの心境を常に気遣う「感謝」
・奢ってもらった時、どこかに連れて行ってもらった時、「ありがとう」を伝える

一緒にいることで、相手の恋愛感情や性欲を満たすことができたとしても、
相手の自分に対する労力や心遣い、内心に気付けなければ、
他の「かわいい娘」や「美女」との“恋愛レース”に参加しているにすぎません。
なので「あなた」でなくてもよい、と思われても仕方ないと思います。

春夏の恋愛でうまくいかなかったという方の場合。
秋になってファッションや生活リズムも変わり、自身の印象をがらりと変えるチャンスですね。
「ルックス(見た目)」
「思いやり」
「感謝」の3つキーワードを、そのヒントにして行動されては如何でしょう。

この記事をシェアする