秋の肌寒さで寂しさや孤独を感じる復縁相談

 別れさせ・復縁事例

秋の訪れと恋愛
9月に入ると「秋の訪れ」を肌に感じることが増えてきます。
その感覚から寒い…となって孤独感・劣等感、そして復縁へと発展する方も多くなるのではないでしょうか。
実際に別れさせ屋には、夏から秋の変わり目、秋から冬に変化する時期は「復縁したい」のお問合せが増えてきます。
失恋した経験があれば皆さんが解りますよね。

寒さと言うのは肌で感じますが、心が寒くなる…と言う「寒さ」もあるのです。

なので、4ヶ月区切り(春夏秋冬)で恋愛を考える場合。
今月は第3クォーターの締め括りです。
6月で夏の準備を向かえ、
7月で気持ちを整えて
8月に開放的な言動により恋愛が変化する。
その結果が「9月」でどうなるのか?となります。
喧嘩したり、すれ違いや倦怠期を感じても何らの変化を付けることで乗り越えられる問題です。
別れてもしまっても同じですよ。
焦って原因もわからずに復縁を迫っても成功しませんので、原因を分析して自分なりに考える事。
その答え合わせがわからない…となれば友人・知人に相談すると良いでしょう。
結論のない悩みを言っても「愚痴」なので、聞かされる友人はウンザリ。
そんな息苦しい状態で最適な意見を出してくれることはありませんからね。
建設的に恋愛を考えて対応するのが望ましいと思いますよ。

9月から10月、11月に多いのは「嫉妬・束縛」が原因となって別れたカップルです。
恋人の浮気?を疑ってしまい、態度が嫌味っぽくなったしまった。
過度に束縛をしてしまって心と真逆の態度をしたので、相手が冷めてしまった。
これらの問題では高い確率で「夏の浮気」が影響しています。
恋人の言動が不自然なので嫉妬したり、居場所を聞くなどの束縛をしてしまうのですから、
概ねはの過失は相手側にあることが多いです。
ですが!
浮気と言うのは「自分がかわいい」と言う自己都合の行動じゃないですか。
なので、正論を言われても聞く耳がないって方が多いと思います。
だからこそ正しいと思ったことも言い過ぎると「重い」となってしまうのです。
場合によってはストーカーっぽい、軽度だと束縛が強い・嫉妬心が恐い。と言われます。

これから寒くなる季節を迎えます。

寂しさを感じたくないのでしたら、正論と思った発言も相手には「重くなる」と理解しておきましょう。
9月~11月って別れに進んでしまうカップルは多いですよ。
離れてから大切な存在だったと気付いても、その時には相手には新しい恋人が居る事でしょう。
携帯やスマホ、インターネットなど。
情報化が進んでLINE・Facebookなどにより気持ち他を伝える速度はとても速くなりました。
それだけ男女の恋愛関係が発展する速度も速くなってしまったのです。
別れの影には新恋人の存在があるかも?と思うと、重くなるような発言を減らせます。
楽しかった思い出を大切にする為にも「秋に終わる恋愛」へと進まない意識を持っておきましょうね。

この記事をシェアする