沖縄県が離婚率で全国1位はなぜ?

 勝てる恋愛テク地域別

「沖縄県」とイメージしてみましょう。
透き通るエメラルドブルーの海とカラフルな南国の魚たち。
珊瑚礁
常夏を思わせる温暖な気候、豊かな自然溢れる島々。
このように創造するのが一般的だと思います。
景色・雰囲気は本州にない独特感があり、1度訪れると「また訪れたい!」と誰もが感じます。

また、沖縄出身の女性タレントや、沖縄出身者からなるバンド。
SPEED
安室奈美恵さん
BEGIN(ビギン)
MONGOL800
夏川りみさんなど。
関係する有名人の影響を受けて、沖縄県民に憧れを持つ方もいらっしゃるかも知れません。
現に大阪在住者が沖縄県を観光・レジャー目的で訪れて、
その時に出会った地元の方と恋愛になって結婚に至ったケースも多々ございます。

なので大阪や神戸に住んでいる人から見ればプラスイメージの強い沖縄県民。
だけど、離婚率(総務省調べ、2018年)が2.4%と平均を0.7ポイント上回り、全国ワースト1となっているようです。

理由として、基礎学力の問題(男性に多い)が関与していると考えられています。
そのため、できちゃった婚や後先を考えない行動、暴力・暴言が多いとされ、
全国的にみて低賃金のため、お金に関わるトラブルが絶えないとも言われています。
東京、大阪の子供のいる家庭では、夫の稼ぎを妻があてにしている場合。
家庭内別居などでかろうじで結婚生活を維持するケースってありますよね。
ですが沖縄県では金の切れ目は縁の切れ目と言いますが….。

夫の稼ぎが少ない
遊びにお金を使ってしまって家庭にお金を入れない

この状況では、妻は最終的な“離婚”という決断をせざるを得ないのではないでしょうか。

もちろん、全ての沖縄県民に当てはまるというわけではありませんよ。
統計データとして傾向があるかも知れない。ということです。
これは現実問題として頭の片隅に置いておいたほうがよいのかも知れませんね。
逆にですが、東北、北陸などの雪国の人たちは寒さに耐えるという意味で「我慢強い性格」と言われてます。
雪溶けや春を待つ、すなわち未来を見透す、先のことを考える習慣、
この県民性が全国的に見た離婚率の低さに反映していると考えられています。

自分の欲望や欲求をセーブし、どこまで他人や周囲、先のことを考えられるか?
これが恋愛関係を長期的に維持するポイントになりそうです。
沖縄や東北に足を運んだら、それそれの土地の人を注意深く観察しておいたほうがよさそうですね。
教師になるか、反面教師になるか、どちらになっても、自分の恋愛に生かせるのではないでしょうか。

● 別れさせ作業の成功事例(沖縄県)
沖縄県での成功件数は多いのですが、これは全国的に見てもトップ5位に入るレベルです。
それだけ作業しやすい環境と言えます。
勿論、懐が深くて地域外の人を受け入れる温和な県民性もあるかと思います。
東京や神奈川、大阪や神戸、名古屋など。
人口が多ければそれだけで出会いの数も多いので、無意識のうちに1人を大切にする感覚は薄れています。
別れても次の出会いがある。
イヤなら別れたらいい。
この感覚って仕事をスグに辞めてしまう行動に似てますよね。
本当に心から頑張りたいと思える仕事って苦労・失敗を後悔するのではなく、「経験」と考えられます。
だけど適当に、やることがないから…の感覚で仕事していると「辞める」って逃げをしてしまうのです。
恋愛で言うと「心から愛してる」ではなく、
性欲や利用・都合・肩書きで付合っている人と言うのは1人の恋人を大切にできません。
こんな方々は沖縄県の方々から「一期一会」を学ぶべきことだと思いますよ。