愛は、3年経つと冷めてしまうのでしょうか?

 勝てる恋愛テク別れさせ・復縁事例

毎日蒸し暑い上、天候も不安定。
ジメジメした時期って仕事へのモチベーションも低下気味な方も多いですよね。
そんな時、何もかもうまくいかなければ、仕事を投げ出したい気持ちになるかも知れません。
就職したばかりの頃を思い出せば….
上司に叱責されたり、失敗したりした時、1度や2度仕事を辞めようと思ったことがあると思います。
先輩から「3年は辛抱しなさい」と激励され、思い止まった方もいらっしゃるでしょう。

個人的な感覚でかつ人によって違いはあると思いますが、人が我慢できる。
もしくは飽きずに続けられる1つの区切りが3年くらいなのではないでしょうか。

例えば、仕事以外にも、引越し、新車を買ったばかりで新たな物件や車を探す人はいませんよね。
このタイミングでは、どんな優秀な営業マンが勧誘したところで、成約に至るケースは少ないと思います。
ですが、3年ほど経ち、住居や車に不満や飽きが見つかり始めたら?
その不満や飽きを解消できるような案件を提案すれば、顧客の食い付きは3年前に比べ高くなってます。

恋愛では、どうでしょうか。
交際して間もないカップルは、2人の気持ちが最高潮に盛り上がっています。
他の人のアプローチが入り込む余地はないでしょう。
ですが、交際3年目となりますと….
多少のマンネリの他、お互いに対しての不満も募っている場合がありますから、
略奪愛として2人の間に割って入る余地が出てきていると言ってもいいと思います。

特に男性は、女性からの誘惑に弱い生き物です。
カップルの別れの王道パターンにも現れていますからね。

① 彼氏が浮気
② 彼女にバレた
③ 女性の気持ちが離れる
④ 破局

こんな流れが多くあると思います。
「②」浮気発覚が別れの決定打となるわけです。
女性としても男性に飽き飽きしていたり、不満が溜まっていたりするケースもあります。
さらに男性には内緒で浮気してたり、男性の浮気は「別れの口実」に過ぎないことも少なくありません。

結局のところ、時間(3年)が経つと、愛が冷めてしまうということなのでしょうか?

答えは、イエスでもノーでもないと思います。
実際に愛が冷めてしまうか、その人に見切りをつけるか、はその時次第ではないでしょうか。

引っ越し、もしくは新車購入の3年後に営業マンが新規物件や別の新車を提案した場合。
3年前の引越し先や新車が、新たに提案されたものより優れていると感じれば、そちらにいかないわけです。
恋愛でも約3年の周期で、恋人を他の異性と比べる“検討時期”のようなものがある、
もしくは、相手に恋人がいるのであれば、
自分と相手の恋人とを比較・検討させられるチャンスがある、と言ったほうが正しいのかも知れません。

付き合ったばかりの頃は、ラブラブで他人の入る隙はありませんが、
時が経ち、熱が冷めて冷静になっていくに連れ、他の異性と比較される機会が多くなっていきます。
民間の調査結果によりますと、
カップルの約7割が出会って1年以内に交際しているデータがある一方で、8割以上が3年以内に破局しているという報告もあります。

石の上にも3年)と言いますが、3年石の上に座ってみて(交際してみて)、暖まってくるのか?
それとも冷めていることに気付くのか?
答えは3年座ってみないとわからないですね。

● 別れさせ屋に依頼するタイミング
復縁を前提とした「別れさせたい」の依頼にあるケースです。
元彼が元彼女と復縁したい。と考えて別れさせ作業を依頼しようと検討中の場合。
元彼女には新彼氏が居る。
付き合ってスグだから彼は浮気しない(別れさせ作業に乗らない)と思う…と考える方も多いです。
このようなケースは多いので、経験から実践的な意見をお伝えさせて頂くのですが、

・浮気とは「慣れ」だけが引き金ではない
・「幸せ」による油断や甘えから浮気するケースも多い
・依頼する時期を見るメリット、デメリットがある

最後の依頼するタイミングの部分で「デメリット」になるのは、同棲・妊娠です。
男女関係なので当然に妊娠の可能性は付いてきます。
その前段階では同棲、婚約も可能性がナイとは言えないデメリットです。
なのでタイミングを見るメリットはあるのですが、デメリットの方が改善するべき部分ですよね。
よって弊社では1日でも早く作業着手させて頂くことを推薦しています。