恋人から長所を得るには、短所への対処法が重要です

 勝てる恋愛テク

~ 恋人にしたい異性の魅力を考える ~
・長所:洗練されたルックス、居心地の良さ、エスコート力、気遣いなど
・短所:多くから言い寄られる、誰にでも好かれる、口説き上手など

これらが挙げられます。
女性は「好き」や、「信じたい」思いが先行し、短所の浮気の危険性を見落としがち。
恋愛に限らず、全ての物事には陽が当たれば、陰ができますように、長所と短所は表裏一体です。

女性の多くは、王子様がお姫様をエスコートする紳士的・ドキドキを男性に求めます。
ですが、そういったモテる男性はですね。
恋愛経験が豊富で女性の扱い方を知っているじゃないですか。
言い方を変えれば「多くの女性に手を出している」と言えるのかも知れません。

一概には言えませんが、男性は異性的魅力の高さ(モテ度)と浮気の危険度は比例しています。
女性が“いい男”を恋人に選んだのであれば、
男性が浮気する危険性に気を付けておかなければなりせん。

では、“いい男・いい女”は浮気の危険性が高いから、
あまりモテず、強く心惹かれない平凡な人で妥協すればよいのか?
これは違うでしょう。
恋愛ができる人とは、人からすれば問題なことを、問題でなくせる人のことを指すと思います。
例えば、青果売場に不揃いですが、美味しいイチゴが売られていたとしましょう。
多くの人は「形が悪い」と敬遠するかも知れません。
でも、その形の悪さをカバーできるイチゴの利用法を考えることができれば?
「美味しさ」と言うイチゴの長所のみを引き立てることができるのです。

話を恋愛に戻しますね。
つまり、恋人の長所の恩恵を得るためには、短所を受け入れる。
目立たなくする方法を考えることが重要です。
モテる人の浮気癖とは、見方を変えれば常について回るアクセサリーのようなもの。
その浮気癖を解決できなければ、“いい男・いい女”を扱えない、となるのです。

浮気癖について対処法のアドバイスを1つ紹介しておきます。
相手から「浮気しない」と約束を取り付けた上で、自由に泳がせ、許せる範囲で浮気をさせてみる。
浮気をしたことは、約束を破ったことになるわけで、
その証拠を突きつければ、相手は場が悪くなり、頭が上がりにくくなりますよね。
相手は、道理に反したことをした後ろめたさがありますから、
こちらがマウント(有利な立場)に立て、パワーバランスで優位になるのです。
その際、男性は感情的にならず、理論で攻めるのがポイントです。

相手の短所とどう向き合っていくか?
長所ばかりに目が行き、短所から目を背けるのではなく、むしろ短所へと目を向ける。
この意識で接してみるのも恋愛関係を円滑にするコツの1つですよ。

この記事をシェアする