寝る夢ではなく、形ある夢へと1歩を踏み出せる人を選ぶ

 勝てる恋愛テク別れさせ・復縁事例

最初の一歩

先日の大阪府知事・大阪市長のダブル選で大阪維新の会公認の2氏が当選を果たしました。
今回の選挙は、大阪維新の会約10年の政治実績の評価が問われる試金石となったわけですが、
「大阪都構想」をはじめさまざまなマニフェストが未達にもかかわらず、
府民・市民の支持を得たのは、マニフェスト実現に向けた「一定の評価」があったからと言わざるを得ないでしょう。

財政健全化、文化の発展、外国人観光客誘致、子育て・福祉の充実などは、
大阪維新の会のみならず、
他政党もマニフェストに掲げる大阪の課題ですが、大阪維新の会が府民・市民から注目されるのは…。

・大阪都構想
・副首都“大阪”の確立
・大阪万博開催
・統合型リゾート(IR)の誘致
・市長報酬や職員の給与カット

など、マニフェスト実現のための政策方針や具体策をわかりやすく示せたことにあるのではないでしょうか。

政治の世界に限らず、人は“夢”を見せてくれる人に惹かれます。
それは恋愛も同じです。
ですが、その人の評価は、“夢”を語るだけの夢物語なのか、実際に具体的な計画や行動が伴う行動があるのか、で大きく分かれると思います。

例えば以下の差が出てきます。

妄想タイプ:「いつか自分の店を持ちたい」
現実タイプ:「3年後に大阪・堀江で雰囲気のイタリアンレストランを出すぞ」

妄想タイプ:「お金が貯まったら豪華な結婚式を挙げて良い家に住もう」
現実タイプ:「ハワイで結婚式を挙げて、新居は桜がきれいな川沿いに建てるよ」

妄想タイプ:「そのうち妻(夫)とは離婚するから」
現実タイプ:「半年後には妻(夫)とは離婚するから入籍しよう。そのための準備で2ヶ月後に別居する」

この差が行動への速度、結果として出ますから結果的には“夢”の実現可能性で大きな広きとなります。
こういった“夢”や“マニフェスト”に関するお相手の発言や行動を注意深く観察することで、お相手の近い未来の姿を予想することができます。
「いつかやる」と言っていつまでもやらない人なのか、
「やる」と決めたらすぐに計画、行動で示せる人なのか、を見極めることは、お相手だけでなく自分の未来を台無しにしないためにも重要です。

“夢”や“幸せ”は歩いてくるはずもなく、
結局はこちらが歩いていくしかないので、“夢”や“幸せ”に向かって1歩踏み出せるのか、どうなのか。
もしお相手が1歩踏み出せない方であれば、こちらが“別れ”に向けて1歩踏み出す必要があるのかも知れません。

● 補足
既婚男性が浮気している、既婚女性が浮気している。
どちらも相手に本気なったので….離婚して一緒になりたいと考えた場合。
別れさせ屋のデータとしては「既婚女性」の方が決断力・行動力は高いですね。
男性は….ウジウジと優柔不断で逃げる傾向が強いです。
これは女性の方が現実面を見ているので、その現実となる生活が担保されたら!
別れる
離婚する
このような決断が早いのだと思います。
男性は現実を見ていない方が多いので、家族・彼女を利用&都合で維持させようとします。
その意味では達成させる夢ではなく、イメージとして憧れる夢を見ているケースが多いです。
そんな男性を愛してしまったら….
将来性はないので早々に別れる決断をした方が「幸せ」には近道だと思いますよ。