別れた妻との復縁(再婚)を考える夫

 別れさせ・復縁事例

別れた妻との復縁(再婚)を考える夫

「妻と復縁したい」
復縁に関するお問合せで男性に多いのが元夫婦との関係改善・復縁(再婚)です。
同棲に戻したい
一緒に暮らしたい
1人は寂しい…と1人になって後悔する男性は多いですからね。
なので、別れる前に気付いてほしいと私は常々にお伝えしているのです。

では、復縁が可能なのか?
女性の多くは「別れる」と決めてから、その行動を実行した場合。
気持ちの変化・割り切りはストレートですよね。
”過去は過去”
なので、男性の方が過去を美化してロマンチックになりがちなんです。
逆に女性は現実面を求めますので…
過ぎた男に対しての復縁率は高くありません。
悩んでいる時点なら復縁率は高いのですが、「別れる」と決めると女性は割り切るので、男性のイメージとは違ってきます。
この辺りの接し方・会話で余計に落ち込む元彼・元夫も多いんですよ。

さて本題です。
元夫が妻と復縁をしようとするならば….妻から見た現実面での解決が必要となります。

① 経済力・金銭的な都合(預金or債務)
② 性格
③ 優しさ
④ 態度
⑤ 将来性
⑥ 清潔感
⑦ 親
⑧ 住んでいるエリア
⑨ 趣味
⑩ 職業
⑪ 食生活
⑫ 生活のリズム
⑬ 相手へりの思いやり、理解する心

などなど。
「別れようかな」から検討して「別れる」と至った経緯には、当然に元夫の良い部分や思い出もあったと思います。
それを超越したイヤな思い出が…
なので、別れを考えた原因・別れを決めた原因の2要素を解決すること。
これをせずに復縁したいと伝えると逆効果で「だから別れたんだよ!」と嫌われるだけんです。

”復縁は1日にしてならず”
本当に心から復縁を望むのなら、自分の気持ちを押し付ける行動を辞めるべきですよね。
そして、計画的に自己改革を進めことが大切なんです。
焦らず、腐らず、諦めずに復縁のために自分を変えようとすれば、それは自分から伝えなくても相手に伝わります。
反省・後悔を相手に伝えようとする…
これが「気持ちの悪い元旦那」って言わせてしまう最悪の行動なので、待てば海路の日和あり。を実行するだけです。
焦らず、腐らず、諦めずに自分の反省点を改善することから初めてください。

この記事をシェアする