人の裏側(本音)を考える意識を持ちましょう

 勝てる恋愛テク

人の裏側(本音)を考える意識を持ちましょう
「好き」を隠してる人って見付けやすいですよね。
それは好感の意識なのでバレてもマイナスになり難いので比較的・態度にも出やすい意識です。
ですが…
「嫌い」の場合。
隠すので見つけ難いので、知らず知らずに裏切られている人も多いと思いますよ。
如何でしょう。

世間体
表面面
人間付合い
社交辞令

こんな言葉がありますように、本音と建前って違うことが多いです。
恋愛だと浮気・不倫を隠しますよね。
それも裏側の行動なので、嫌い・避けると同じで隠す態度を出しています。
ただ、これらの裏側を知ろうとする意識を持っていれば被害を最小限に抑えることは可能。
自分が傷付くのがイヤであれば、裏側を考える習慣が必要ですよ。
間違ってはいけないのが ”天邪鬼” ではありません。
良いことは褒める、嬉しいことは感謝する、泣きたい時は涙する、怒るときは怒るの姿勢が必要です。
大切なのは言葉・態度の表面だけで判断しないこと。
人間って嘘吐きなので…平気で嘘が言えるタイプって居るんです。
お金を貸して裏切れたことって誰でも1回・2回はあるのではないでしょうか。
「内緒の話だけど」って言ったのに皆に言ってしまう人もいます。
仲良しと思ってた友人が影では悪口を言っていた…
それだけ人間って人の不幸が好きだし、人よりも自分が可愛いので自己保全をしようとする。
だからこそ人の裏側を考えて接することが重要だと思います。

人との会話で猜疑心を持ってしまうと、「人間不信」になる方も居られます。
ですが、現実問題として裏切り・隠し事も多く、不倫・浮気も多い。
結婚を隠して彼女を作ったり、彼氏を作ったり、もあると思いますよ。
私達は人の裏側を知ってしまう仕事なので、妻・夫・彼・彼女らの裏側を多数見ています。
信じることも正義ですが、自分を守るのも正義です。
恋愛において裏切られると利用に変わり、その気持ちは徐々に好きから利用・便利・都合へと変化します。
相思相愛の維持には、信用&信頼が大切なので、その確認として疑わないためにも事実確認を考える。
それで安心できると恋人への信頼感は増すので嫉妬・束縛も減るのではないでしょうか。

この記事をシェアする