Q&A:他社で失敗・他者に依頼中

他社に依頼中ですが、AIさんに変更したい

他社が作業して失敗・結果不良となったケースにも対応可能ですよ。
先ずは現依頼の業者とは解約が必要です。
それから、当社にて新規作業としてご依頼をお請けすることは可能でございます。

● 他社で失敗したケースに推薦するプラン
お試しプラン」にて警戒心・成功の見込みを付けられることを推薦しています。

他社に依頼中ですが、担当が電話に出てくれない

電話にで出ない。と言うことは何か具合が悪いのでしょうね。
先ずは依頼した会社・本社に電話してください。
それでも連絡が無かったり、遅ければ危機的状況として考えましょう。
弁護士など法律の専門家への相談が必要です。

● 別れさせ屋が電話に出ない理由
・作業内容に虚偽がある(してないけど、した。など)
・自転車操業
・会社として成り立っておらず倒産寸前
・プロ意識が低い

作業の報告資料を見せてくれない

実際に作業していれば、写真・動画・メール履歴は必ずあります。
”信用できなくなる”と説明して資料請求しては如何でしょうか。

弊社のスタッフの個人情報や作業方法を外部に漏らさないため、
お渡しすることは出来ませんが画像・動画により作業結果を確認して頂いています。
遠方からのご依頼の場合。
画像ををメールさせて頂くのですが、その際はスタッフにモザイク処理をしています。

交通費と言って高額な費用を請求されてます

別れさせ屋トラブルに多いのが「経費の請求」によるトラブルです。
依頼者は対象者に情報リークされるのでは?と不安があり支払ってしまうケースがあります。
ですが、不当な請求には応じる必要がありません。
ご不安でしたら、当社から弁護士の紹介もさせて頂いてますよ。

社長ブログを社長が書いてない?

ブログを見て信用して相談したのに残念ですね。
そのような代理でブログを作ってる業者はあるようです。
法律的に問題はありませんが、
人と人との繋がりとしては信用が薄くなりそうです。
出来れば代表・社長が自分で更新してるブログをご覧くださいませ。

問題点としては信用面とは別で技術力もあると思います。
私達業者がお客様に考え方を伝える手段がブログやSNSです。
そこに言葉を発信できないのは表現力の問題もありますし、
インターネット時代に遅れている対応に思います。
この部分は日々変化する恋愛事情に合わせられる代表なのか?
不安になってしまいますね。

【補足】
弊社の「別れさせ屋の社長ブログ」は代表が更新してますよ。

経歴や創業日に嘘があった

別れさせ屋、探偵の中には簡単に経歴詐称しているケースがあります。
なので、一般事業のような「常識」のある前提だと業者選びは失敗しますよ。
”虚偽・嘘・誇大の多い業界”を前提として探すことを推薦します。
一例ですと、創業○○年・相談件数 年○○万件など。
このような虚偽が多いです。

弊社ではお客様に業界の裏側・実態を知って頂こうと多くのデータ開示をしています。
その1つに検索順位・相談件数があります。
社長ブログにて毎月1回 データ開示として提供しています。

● 弊社が開示しているデータ
・検索順位(Google,Yahoo)
・アクセス数
・月間の相談件数

調査中に110番通報されたみたい

ありますよ。
調査・探偵の作業中に110番通報はあり得る事態です。
勿論、無いほうが良いですよね。
大切なのは通報された原因とその後の対応なんです。

・連日、長時間で張込みしてませんか?(不審者)
・車のエンジンを掛けて張込みしてた?(騒音やガスの苦情)
・不法侵入
・警察官には身分提示した方が話しが早い

● 弊社が行っている対策
・自社名義の車(警察が所有者で調査中とわかる)
・連日、長時間の作業を避ける
・調査車両は全てハイブリット車、など

面談担当ではなく、現場スタッフから連絡がくるので不安

当社ではあり得ない対応ですね。
顧客情報と言うのは、現場スタッフが知る必要はありません。
「現場の声が直接聞けて安心」と受け取るのは非常に危険な考え方だと思います。
別れさせ屋の組織運営では、面談担当・現場を分けて対応する事が情報管理の定例です。
信頼と信用の考え方ですが事業としての取組みや情報管理に問題があるのではないでしょうか。

依頼した別れさせ屋に返金してもらいたい

ご依頼した業者との契約内容・作業内容によっては可能に思います。
先ずは弁護士の先生に相談しましょう。

弊社からのアドバイスとして、法人組織・個人の別れさせ屋どっち?
これが重要です。
個人経営だと資金難の可能性があり「返金します」となっても、
戻ってくる可能性が低いです。
実際に金銭的なトラブルが多いのも個人経営の業者です。
なのでご依頼される際は必ず法人運営の業者にしましょう。